託児所の求人なら【保育のお仕事】

託児所はどんなところ?

託児所の特徴

児童福祉法に基づく都道府県知事の認可を受けていない認可外保育施設です。 認可は受けていませんが、設置にあたっては届出が必要で、立ち入り調査や指導もあります。
保育園のように充実した施設からデパートや劇場などに設置されているものまで、様々なスタイルで運営されています。
保育園と同じく、乳幼児を預かり、食事やお昼寝、お散歩など、身の回りのお世話をします。
託児所は、保護者が仕事をしていなくても預けることができ、月極保育・一時預かり保育があります。24時間開所している託児所も増えてきています。

託児所の数

認可外保育施設は増加傾向にあります。

厚生労働省『認可外保育施設の現況取りまとめ』より
2009年年 認可外保育施設 7,400箇所
2010年度 認可外保育施設 7,579箇所
2011年度 認可外保育施設 7,739箇所

※地方単独保育事業の保育施設は対象に含まれるが、事業所内保育施設は含まない。

託児所の就業条件

勤務形態は、正社員・非常勤・派遣があります。 非常勤・派遣の場合は、日勤帯のみ・夜勤帯のみ、短時間という働き方が可能です。
無資格であっても就業することは可能ですが、保育士の補助的な仕事となります。
一時保育や不定期保育を実施しているため、日によって預かる子どもの数が異なり、対応する子どもの人数が増減します。

勤務は、シフト制による1日8時間です。 24時間保育を実施している園では夜間帯の勤務があります。
休日はシフト制による週休二日制が多いです。夏期・冬期休暇がある場合もあります。