病院内保育の求人なら【保育のお仕事】

病院内保育はどんなところ?

病院内保育の特徴

病院及び診療所に従事する職員のための保育施設です。 24時間交替で勤務する看護師が利用できる保育園がなく、病院が独自に院内に保育施設を設置したのが始まりです。
一定の要件を備えた病院内保育所の運営者に対して、保育士の人件費など運営費の一部を補助する制度があります。 病院が運営するケース、運営を企業に委託するケースがあります。
看護師不足といわれるなか、病院内保育所の設置を検討する病院が増えています。

病院内保育の数

厚生労働省『認可外保育施設の現況取りまとめ』より

各年3月現在
2011年 2,522箇所
2012年 2,555箇所
2013年 2,667箇所
2014年 2,761箇所
2015年 2,811箇所

病院内保育の就業条件

就労形態は、正社員、契約社員、非常勤等があります。
勤務日は病院により異なりますが、24時間365日開所している保育所もあります。
勤務はシフト制による8時間労働となっており、夜勤がある場合には夜勤手当・深夜手当がつくことがあります。
休日は週休2日制を採用していることが多く、シフトにより休日が変わります。