保育補助の求人なら【保育のお仕事】

保育補助の仕事内容とは?

保育補助とは、保育士資格がなくても保育の現場で補助的な仕事ができる立場のことを言います。

保育補助では、担任の先生の手が回らないところを助けます。受け入れ、朝の会、おむつ替え、食事介助、着替え、昼寝、帰りの会、お迎え時の受け渡しなど、一通りの保育に関わることになります。

遊び、食事、受け入れ・受け渡しの下準備、それぞれの予定終了後の掃除や後片づけなどもします。特に人が足りない園の場合、正社員がやるような仕事を任される場合もあるようです。

子どもにも保護者さんにも直接関わる以上、現場では保育補助なのか正社員の先生なのかの区別はほとんど関係ありません。保育補助はプレッシャーも大きいですが、とてもやりがいのある仕事です。

保育補助はこんな人に向いている

保育補助の仕事は保育士資格なしでもできるので、比較的多くの人に門戸が開かれていますが、特にこんな人に向いていると言えます。

保育の仕事に向いているかどうか知りたい学生さん

保育補助は園によっては正社員並みに子どもたちと関わる仕事です。現場をしっかり体感することができるので、ご自分が保育の仕事に向いているかどうかを確かめるための最適な仕事と言えるでしょう。

経験を積んで新卒時のアピールにしたい保育系学生さん

ほとんどの園はいつもぎりぎりの人員で回しているので、スタッフを採用するときには即戦力を重視します。ですから、学生時代の保育補助経験は新卒の就活時に有利に働く確率が高いです。履歴書や面接で、即戦力であること、熱意があることのアピールになりますね。

働きたい園があり、近々保育士資格取得予定の学生さん

保育士資格取得後はここの園で働きたい!という明確な希望のある学生さんもいらっしゃると思います。そういう場合は在学中からお目当ての園で保育補助を続けておくと、資格取得後もそのままその園で働ける可能性があります。この場合、就職活動をする必要もありませんし、資格取得時にお給料が上がる可能性もあります。

子育て経験者で保育業界に貢献したい社会人の方

子育てが一段落したけれど、子どもが好きで保育業界に貢献したい、あるいは有資格者で結婚・出産時に一度保育士を引退したけれどパートで復帰したい、という方にも向いています。子どもに関わった経験のある方、特に有資格の方は園から歓迎されることが多いです。

事情があって保育の専門学校に通えないが、将来的に保育士を目指したい方

経済的事情などで保育の専門学校に通えないけれど、子どもが好きで将来的に保育士を目指したいという方にとっては、保育補助は保育士資格取得への入り口の1つとなります。2年以上の現場経験があれば保育士試験の受験資格が得られるからです。

保育補助の主な採用形態

保育補助の主な採用形態は以下のとおりです。

  • パート(主に既婚の女性)
  • アルバイト(主に学生さん)
  • 無償のボランティア
  • インターン(有償・無償があります。基本的に学生さんがスキルアップのために参加するもの)

無資格の方を対象とした求人の全体数は比較的少ない傾向ですが、無認可の園からの求人では無資格の方対象のものが多めになっています。

ニーズの高い人材は?

保育補助では、以下のような人材のニーズが高い傾向にあります。

  • 保育に関する経験・知識のある方(子育て経験がある、保育士資格がある)
  • 無資格でも保育系の学校に通っている若い学生さん
  • 変則的な時間帯での勤務・突然の呼び出しに応えられるなど、時間の融通がきく方
  • 安価、または無償で手伝ってくれる方

園の多くは現状では常に人材不足・人件費不足なので、より能力が高く、融通がきき、かつ人件費がなるべくかからない人を求める傾向があります。知識経験・熱意がある人はぜひこうした点を強くアピールしてみましょう。

保育補助求人の探し方・応募方法

以下、保育補助求人の探し方と応募方法を説明いたします。

保育士資格をお持ちの方

保育士資格をお持ちの場合は、本ページ上からお探しいただけます。

検索フォームに都道府県やその他の条件を追加いただくことで、さらにご希望に沿った求人に絞ることが可能です。

保育のお仕事にご登録いただけましたらお一人お一人に専任のキャリアアドバイザーがつき、保育のお仕事を豊富にご紹介いたしております。好条件な非公開求人も多数ございますので、ぜひご登録ください。サービスご利用料はすべて無料です。

登録はこちら

無資格の方

保育士の資格をお持ちでない場合は、姉妹サイトの「保育士求人ナビ」サイトの検索フォーム上で

『職種:保育士』
『特徴:無資格OK』

をご選択いただくことで保育補助のお仕事を探すことができます。検索結果はこちらです。

>>保育士 無資格OK 求人 検索結果(保育士求人ナビ)

その他の求人の探し方・応募方法

他には以下のような方法があります。

  • 在籍している保育系の学校経由で問い合わせる
  • 私立の園に直接問い合わせる
  • 自治体の保育課に公立園の求人について問い合わせる
  • ハローワーク、福祉人材バンクなどに問い合わせる

ぜひ、いろいろな方法を使って広く情報を集め、応募してみてください。

保育補助の仕事の利点・懸念点

以下、保育補助の仕事の利点、懸念点を見ていきましょう。

利点

  • 保育に関する知識経験が得られる
  • 直接子どもと関わることができる
  • 正社員・有資格者とほぼ同じような仕事ができる場合もある
  • 保育士試験受験資格を得る条件のひとつとなる
    (2年以上の保育現場経験があると保育士試験の受験資格が得られる)
  • 保育士養成関連の学校の学生さんには知識経験・新卒時のアピールの面で役立つ

懸念点

  • 園の方針によっては乳児の担当をさせてもらえないなど保育内容が限られてくる
  • 有資格者の先生よりも立場が弱いため自分の思ったような保育ができないことがある
  • 待遇がよくない場合がある
    (お給料が安い、保険が整っていない、急に契約形態の変更を求められるなど)

保育補助はあくまで補助の立場なので理想的でない点もありますが、将来的に保育士を目指したい方、子どもと関わる仕事が好きな方には利点の多い仕事だと言えるでしょう。

保育補助の仕事をお探しの方へ

保育補助の仕事は、実際の保育の仕事や他業種の補助職と同じでガッツが必要な面もあります。しかし、子どもが好きな人、保育の仕事に夢と熱意のある人にはとてもやりがいがあり、メリットも大きい仕事だと言えます。あなたが理想の職場に出会えるよう保育のお仕事ではサポートいたします。

保育補助の求人について相談する ※すぐに選考に進むわけではありませんので、
お気軽にお問合せください。