寝かしつけのコツ
読了の目安:約5分31秒

子どもたちの成長にとって大切なお昼寝の時間。ぐずってしまったり、寝たがらない子どもがいたりして困った経験はありませんか?保育士さんにとってお昼寝の時間は連絡帳の記入などもあり忙しいもの。今回は読者の皆さまよりお聞きした寝かしつけテクニックをご紹介します!

保育士さんも95.6%が寝かしつけに”困った”経験あり!

寝かしつけに困る保育士さん
寝かしつけに困った経験のある保育士さんや幼稚園の先生は、どれ程いらっしゃるのでしょうか?今回読者の皆さまにアンケートを行った結果、実に95.6%の方が「寝かしつけに困った経験がある」と答えていらっしゃいました。

【Q-1】お昼寝の寝かしつけで困った経験がありますか?

寝かしつけに困ったことのある保育士さんの数のグラフ

【アンケート実施概要】
・実施期間:2014年10月13日~10月16日
・実施対象:主に資格保有保育士および幼稚園教諭
・回答者数:68人
・平均年齢:33.7歳
・男女割合:女性/91.2% 男性/8.8%

【Q-2】寝かしつけの際、どんな時に困ることが多いですか?(複数回答可)

寝かしつけに困った保育士さんの声統計グラフ

「寝かしつけに困ったことがある」と回答された方に伺ったところ、その中で最も困ることが多いのは「寝つきの悪さ」次いで「床に降ろした時に起きてしまうこと」と「ぐずる子がいると周りの子どもが起きてしまうこと」でした。周囲の子が目を覚ましてしまう大変さは集団での保育ならではですね!

【Q-3】寝かしつけの際の工夫を教えてください!

保育士さんの寝かしつけテクニック統計円グラフ
皆さまより伺った寝かしつけテクニックをグループ化してみたところ、最も多くの方が実践されていたのがおでこなどをマッサージしたり、背中をトントンする、さするなどのボディタッチでした。実際に添い寝をするという方も多いようですね…。では皆さまの寝かしつけテクニックを一部ご紹介していきましょう!
 

【point-1】ボディタッチで安心感を与えてあげよう!

赤ちゃんを抱く保育士さん
子どもの体に触れることで安心感を与えてあげるというボディタッチのテクニック、実に52.4%の方が実践されていますが、ご意見を拝見していると中でもいくつかのパターンに分かれていました!

◆マッサージテクニック

  • 耳やおでこを触る/髪を撫でる(30代/女性)
  • 頭と背中をマッサージのようにさする。 (30代/女性)
  • 額を撫でると、目を閉じるので眠る子が多い(30代/女性)
  • 助産師さんに赤ちゃんもハイハイなどで肩や首が凝るようなかんじになるのよ。と聞いたので肩や首をマッサージしてあげて寝かしつけています。(30代/女性)

マッサージに適した主な部位って?

保育士のマッサージ

【顔・額から目にかけて】
自然と子どもが目を閉じやすくなる、アイマスク効果があるなどの理由から寝つきが良くなるよう。眉間やまゆ毛に円をかくようにマッサージするのも効果的です。
【肩や首】
ハイハイなどで凝り固まった部分をほぐしてあげることで血行も良くなります。大人でも肩こりから寝つきが悪くなると言われていますね!やさしくマッサージしてあげましょう!
【手のひら/足の裏】
良い寝つきのためには体温調整が肝心。温めるようにマッサージすると眠つきやすいというご意見が多くありました!タオルなどで手を包み込んでおくと寝てくれるというテクニックも。
【耳/耳たぶ】
くすぐったがる子もいるようですが、耳もマッサージに有効なポイントのよう。耳の穴を綿棒で軽くくすぐるという方もいらっしゃいました。

◆さすり/トントンテクニック

  • 子どもの心音リズムでトントンしたりさすったりする。(30代/女性)
  • 保育士の伸ばした足の上に仰向け寝かせてトントンしながら足を使って上下に揺らすと、ほとんどの子はすぐに寝てくれます。(20代/女性)
  • トントンするのではなくてさするようにしたり眉間のところをなでたりする。(20代/女性)
  • 背中とか直でさすってあげると気持ち良く寝てくれる気が…(20代/女性)

トントン派とさすり派の子がいるので個々に応じて使い分ける!という方も多くいらっしゃいました。またトントンするときには子どもの心音に合わせてリズムを付けてあげると、より安心する傾向にあるようです。
 

【point-2】添い寝は体温が伝わって眠気を誘いやすい!

赤ちゃんと添い寝する保育士さん

  • 保育士も、周りの真似をして子どもと一緒に、横になりトントンしながら目をつぶる。(20代/男性)
  • 抱っこしたり添い寝をしたりといったことで心に寄り添ってあげると、寝られることが多いです。究極はおんぶしたままで過ごしますが…(40代/女性)
  • 寝ていたのに泣いて起きちゃった時は《オハヨー》と、1度目を覚まさせて布団に寝かせ添い寝する(40代/女性)

保育士さんの添い寝テクニック
 
よく知った人が傍にいることで乳幼児は安心して眠ることができます。また体温、呼吸の音、心音などが伝わることからも安心感を得られます。一度目覚めてしまった子どもの寝かしつけにこのテクニックを使っている方もいらっしゃるよう。
 

【point-3】歌やBGMでおやすみモードに!

男性保育士と幼児

  • 決まった時間にオルゴールのCDをかけてお昼寝の時間を認識させる。(40代/女性)
  • 私は寝かしつけの時、優しく肩や脇腹の辺りをトントンしたり撫でながら、目をつむって小さな声で歌を唄い続けます。(40代/女性)

呼吸音を聞かせる保育士さんの意見
オルゴールのBGMや子守唄のほか、呼吸の音や心音など、単調なリズムの繰り返しを安心して眠れる環境音として活用している例も。そのほかメトロノームなどの音が導入になることもあるようです。


▲ おなじみのディズニーの楽曲が穏やかなオルゴール音源にアレンジされています。お昼寝タイムにもぴったり。
 

【point-4】夢の世界へ誘う”おはなし”

子どもを抱く複数の保育士さん

  • 耳元で即席素話をする!目閉じてるとお話しが始まるからねと声かけると自分から横になるようになった。(20代/女性)
  • 寝る前に横になり絵本を読むと落ち着く(20代/女性)

保育士さんの心理療法活用アドバイス

おはなしを聞かせることを子守唄の代わりにするという方も。一説には内容以上に読み上げる人の声が安心材料になるそう。多少長めの本、理解力よりも少し難しい本を選んでみても良いかもしれませんね。
 

【point-5】その他/保育士さんの気持ちも大切!

泣き出す赤ちゃん

  • 赤ちゃんは自分の手足の動きで目が覚める子もいるので、抱っこのときに手足がばたつかないように、布団をまいたりさすってあげたりしています。(40代/女性)
  • 寝付けないお子様に対しては、無理に寝かし付けせずに、気分転換に廊下を散歩したりする(20代/女性)
  • 子どもごとに癖があるので、お母さんからよく聞いて実践します。(40代/女性)
  • 寝かせなきゃ!と焦らず、ゆったりとした気持ちで寝かしつける。不思議と良く寝てくれます。(30代/女性)
  • 寝て欲しいって思う気持ちって、子供にしっかり伝わってしまうので余計に寝ない。(30代/女性)

保育士さん寝かせテクニック
保育士さんの寝つきの悪い子の対処法

その他のご意見で特に多かったのは「無理に寝かせない」「焦らない」というもの。赤ちゃんにも保育士さんの焦りが伝わってしまい余計眠れなくなってしまうこともあるようですね。
 

編集者より


お寄せいただいたご意見を見ながら「保育士さんごとにさまざまなテクニックを駆使されているのだなぁ」と感じました。今回アンケートにご協力いただいた皆さまには、貴重なご意見をお寄せいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!
 
人材紹介登録ボタン

 

参考資料

《参考》Amebaニュース
《参考》寝かしつけ.com

友だち追加
保育のお仕事