読了の目安:約4分9秒

抱っこをしたり、机を運んだり…世間的イメージとは違って保育士さんのお仕事は重労働!そんな保育士さんの職業病とも言えるのが腰痛です。痛みと闘うあなたのために、今日は腰痛の予防・改善方法をお伝えします!

アナタも…?腰痛は保育士さんの職業病

多くの方の悩みのタネ、腰痛。現役保育士さんからは悲痛な声が。中には腰痛が原因で休職や退職を決意された方もいるようです。

腰痛の種類によってケアの仕方が違う!

腰痛もちの保育士さんのイラスト

温める、冷やすどちらがいいの?と迷ったことはありませんか?腰痛の種類は様々。誤ったケアは症状悪化にもつながります!

保育士さんに多い腰痛
名称 原因や症状 主なケア方法
筋筋膜性腰痛 長時間無理な姿勢をとる等で生じる筋肉痛 温める、マッサージ、
ストレッチ等の血流促進
ぎっくり腰 急に重いものを持ち上げる等で生じる
動けないほどの痛みが生じることも
発生後は冷やして安静に。
マッサージはNG
椎間板ヘルニア 骨の間のクッションがはみ出て神経を圧迫
日常生活に支障が出るほどの激痛が生じる
痛みが激しいときは冷却し固定。治まってきたら温める
脊柱管狭窄症 神経の通る管が狭くなり痛みとしびれが生じる 入浴等で体を温め血流を促す
腰椎椎間関節症 間接の間の軟骨がすり減り
体を反った際や起床時に特に強く痛む
入浴などで温めストレッチで血流を促す
脊椎すべり症・分離すべり症 腰椎がずれて神経が刺激され痛みが生じる コルセットで固定し、温める

※症状が辛いときには自己判断せず、すみやかにお医者さんに相談しましょう!

動き方の工夫でカンタン腰痛予防!

日々の行動のちょっとした工夫でも、腰痛の予防になります。悪化してからのケアは痛みも伴い大変…毎日の予防を心がけましょう!

抱っこの時には腰をおろす

しっかり腰をおろして持ち上げることで腰への負担軽減になります。これは重い荷物のときも同じ。持ち上げた後に体をそらさないようにすることも大切です。

おむつ交換は前かがみにならないように…

おむつ交換の際には交換台などなるべく高い位置で行うか、床で行う際には足を広げてしっかり座り、前かがみにならないよう意識しましょう。

トイレ介助はしゃがんで

トイレ介助は狭いところで前かがみになり、腰の負担になりがち。子どもとの距離を近づけ、しゃがんで介助するのが負担軽減になります。

食事介助の際は上半身ひねりに注意

頻繁に腰をひねる動作が生じがち。出来るだけ腰をひねらなくて済む位置に座り、上半身だけひねることを意識して避けましょう!

デスクワークは正しい姿勢で

気付くとつい猫背になっていませんか?
基本的ながら、意識して正しい姿勢を保ちましょう!イスをきちんと引く、腰痛予防クッションを使う等も対策になります。

ストレッチで腰もココロもリフレッシュ

ストレッチをする保育士さん

慢性的な腰痛の予防、改善にはストレッチが有効です。全身をリラックスさせることで心も少し軽く♪下記の注意を守って試してみましょう!

【注意】
・激しい痛みがある気には行わない
・反動をつけたり無理に伸ばさない
・自分のペースで継続する
・医師や専門家の意見に従う

アイテムで予防&痛み軽減

補助的なアイテムを活用することで、腰痛の予防になったり痛みの軽減が可能な場合も在ります。組み合わせて活用していきましょう。

腰痛ベルト/コルセット

体幹の筋肉や背筋の働きを助けて、腰痛の発生する姿勢を取らせないようにするもの。介護職の方が使用していることも多く、痛みの軽減と予防に有効です!

湿布

冷湿布と温湿布があります。冷湿布は主にぎっくり腰など炎症がもとの急性の痛みに、温湿布は慢性的な痛みに使うと効果的です。

腰痛予防クッション

骨盤のゆがみを矯正したり、長時間の座り作業が楽になったり…書き物や事務処理の際はクッションを有効活用しても良いでしょう。

サプリメント

腰痛の改善には、筋肉をつけるなど体の中からの働きかけも大切。プロテインやアミノ酸、新陳代謝を促すビタミンB12などが配合されたサプリメントを取り入れるのも◎。

編集者より

私自身も腰痛経験があり、痛みの辛さがよくわかります。その状態で保育業務を毎日…保育士さんには頭が下がる思いです。

今日はセルフケアをご紹介しましたが、不調が現れたら専門家に相談するのが一番。誰にも頼らずに解決しようとせず、どうかご自愛くださいね!

友だち追加
保育のお仕事