読了の目安:約4分2秒

保育室を彩るかわいらしい壁面装飾。保育士や幼稚園教諭の皆さまの中にも、毎月一生懸命作成されている方が、多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし一方で、なくても良いのでは…?というご意見もあるそう。今回は保育士を中心とする100人の読者さまを対象に、壁面装飾の必要性についてアンケート調査を実施しました。

意外?!「壁面装飾は不要」の回答が32%

疑問を抱く保育士の画像
今回アンケート調査にご協力いただいたのは、主に保育の現場で働く100人の読者の皆さま。まずは保育室の壁面装飾について、必要性を感じているかを伺ってみました。すると壁面制作が「必要」と回答したのは全体の48%。一方で「不要」と回答したのは32%、「どちらとも言えない」が20%でした。
 
壁面に関する調査グラフ1
 
保育園や幼稚園ではお馴染みの壁面制作、半数近くの方は必要性を認めているものの、意外と多くの保育士さんや幼稚園教諭さんが、必要と感じていないことがわかりました。
 

必要派の理由トップは【季節感のある環境づくりが大切】

動物のイラスト
保育室に壁面が必要だと感じている皆さまに、その理由を伺ってみたところ、もっとも多くの人が回答したのは「子どもたちにとって季節感を感じられる空間づくりが必要だから」で50人、次いで「保育室が明るくなるから(34人)」「さまざまな形や色で子どもたちの刺激になるから(24人)」となりました。
 
壁面に関する調査グラフ2
 

◆その他◆
子どもたちの制作を壁面に使用して保護者の方にも見ていただき、喜んでもらえている。(30代/女性)
壁紙を考えることで視点も変わり、視野が広くなる。(20代/女性)
自分で作ったものが飾られることで自信につながる。(20代/女性)

 

◆壁面必要派の声◆
季節感が視覚や雰囲気で楽しめるので必要だと思う。また子どもたちの製作を壁面として使うこともでき、子ども達も喜んでくれる。子どもたちの成長と共に楽しめるので必要。(20代/女性)
壁面を飾ることには賛成だが毎回作るなんて非効率過ぎる。工夫して手間はできるだけ省くようにすべきだと思う。(40代/女性)
子どもの気づきを大切にしたいため、壁面の絵や飾りはとても大事。子どもがこれを見て、どんなこと考えるかな?これ作らせたらパワーでるかな?と考えるのが楽しい。(50代/女性)

 

不要派【壁面制作の工数を他の業務に…】

男性保育士
一方で壁面装飾が不要と回答した方に、その理由を伺ってみたところ、「壁面制作の時間と労力を、他の保育の取り組みに充てた方が良いと思うから」と回答したのが23人、次いで「子どもの成長に直結しているように思えないから(12人)」「発達障害など集中しづらい子どもの妨げになるから(12人)」となりました。
 
壁面に関する調査グラフ3
 

◆その他◆
飾るものを作るより、遊ぶものを作ったほうが、子どもが楽しめるから。(20代/女性)
家庭的な雰囲気で保育したいから。(20代/女性)
保育者の自己満足にすぎない。(年齢無回答/男性)

 

◆壁面不要派の声◆
悪いわけではないが、オリジナリティーもない壁面を大変な思いをしてやることに意義を感じない。それ以外に季節を感じることはいくらでもできるはず。(30代/女性)
保育士は仕事量が多く、壁面製作となると持ち帰りの仕事になる。持ち帰りになるくらいならば適度に装飾くらいでいいと思う。(30代/女性)
壁面制作を考えて作る労力を子どもとの時間に変えた方がより良い保育ができると思う。(30代/女性)

 

気になる子どもにとって壁面は落ち着かない要素にも…?

困惑する保育士さん
近年では、発達障害のある子どもや、いわゆる「気になる子」と呼ばれる、保育上何らかの課題がある子どもたちも多くなっているよう。そういった子どもの場合には、壁面装飾がない方が落ち着ける環境となるケースもあるでしょう。
 
例えばADHD(注意欠如多動性障害)における、集中力が続かないという特徴は、刺激の少ない環境づくりをすることで、改善も可能です。幅ひろい子どもの特性に対応するという意味でも今後、壁面装飾の必要性が見直されることも考えられそうですね。
 

◆回答者の声◆
保育室の環境としては集中しにくくなるため、活動時はその都度、布で隠すなどの必要が出てくる。(20代/女性)
保育室の入り口のみなど、場所やスペースを決めれば発達障害の子どもの負担は減ると思う。(40代/女性)

 

編集者より

保育士さんのイラスト
見た目にも楽しい壁面装飾ですが、「何のために作っているのかよくわからない」という保育士さんの声も伺えました。園の方針にもよりますが、取り組む目的が明確でなければ、制作する保育者のモチベーション維持は難しくなってしまいます。
 
「あるのが普通だから」「慣例だから」ではなく、何のために作るのかを考えたり、工数を減らすための方法を検討したり、貼る場所を検討したり…工夫をしながら取り組むことが大切ですね。
 

【アンケート実施概要】
・実施期間:2015年8月7日~8月25日
・実施対象:
 保育士(71.0%)・幼稚園教諭(12.0%)
 その他保育関連職(9.0%)・学生(2.0%)・主婦その他(36.0%)
・回答者数:100人(平均年齢:35.5歳)
・男女割合:女性94%・男性/6%
 
※ご協力いただきました皆さま、貴重なご意見をありがとうございました!

 

◆保育のお仕事人材紹介◆

保育のお仕事をお探しのあなたを私たちがサポートします!一緒にあなたにピッタリの職場を見つけていきましょう!お気軽にご相談くださいね!
人材紹介登録ボタン
 

友だち追加
保育のお仕事