2aae5f522fa990f1c1877a91244f4dde_m
読了の目安:約7分48秒

「保育園でもう一度働きたい!」復職をお考えの保母資格や保育士資格をお持ちの皆さま、”保育士登録”はお済みでしょうか?
 
児童福祉法の改正に伴い、現在は”保育士(保母)資格証明書”などだけで保育士として働くことはできなくなりました。本日は復職を考えているものの保育士登録を行っていない…という方のために登録の具体的な手続きや困った際の対処方法について、詳しくお伝えします!

潜在保育士さんの力が必要とされています!

指さしをする保育士さんのイラスト

保育所待機児童問題の解消に向けての取り組みで大きな課題となっているのが人材確保。厚生労働省の計画どおり施設整備が進んだ場合、4年後には74,000人の保育士さんが不足するとされています。そこで期待されているのが、保育士(保母)資格を持ちながら現在保育士として就労していない”潜在保育士”さんの活躍です。
 
各都道府県などでは再就職に向けた研修の実施、就職相談会の実施や、就労先へのあっせんをしてくれる人材バンクを開設するなど、さまざまな就職支援策が実施され、民間の一部企業でも潜在保育士の方の積極的な採用を行うなど、そのニーズは高まっています。
 
「資格のみで実務経験はないけれど保育業界で働きたい!」
「ブランクはあるけれど、もう一度保育に携わりたい!」という潜在保育士さんは、スムーズな再就職のためにも就労に必要な手続きを計画的に進めることが大切です!
 

保育士登録がないと働けません!

書類を持ち考える保育士の女性

児童福祉法の改正により、平成15年11月29日から保育士の定義が変わり、大きな変更がありました。まずは新しい制度についてお伝えしましょう。

児童福祉法改正後の保育士の定義
【児童福祉法 第18条の4】
保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。
《要注意》改正における変更点
◆ 保育士登録の必要性
改正前とは異なり保育士(保母)資格証明書、指定保育士養成施設卒業証明書、保育士試験合格通知書などだけでは保育士として働くことができなくなりました。保育士として働くにはその業務に就く前に、都道府県知事に対して登録申請手続きを行い、保育士証の交付を受けることが必要です!

◆ 名称独占
保育士資格を有し登録を受けた保育士でない者が、保育士またはこれに紛らわしい名称を使用することを禁止し、これに違反した者に対し罰則規定が設けられました。

◆ 守秘義務など
守秘義務や信用失墜行為の禁止といった義務が課せられることになりました。

◆ 資質の向上
保護者に対して保育に関する指導を行うことが保育士の業務に位置づけられ、保育士は乳幼児に関する相談に応じ、助言を行うための知識および技能の取得、維持および向上に努めなければならないこととされました。

保育士登録をするには…具体的手順

保育所に送り迎えをする母親

【1】「保育士登録の手引き」の取り寄せ
登録事務処理センターより申請書や記入例などがセットされた「保育士登録の手引き」を郵送で取り寄せます。

  • 【用意するもの】
    ・角形2号の返信用封筒…1枚
    ・請求部数に応じた切手(返信用封筒に貼ります)
     〈1部〉…基本¥140/速達¥420
     〈2~3部〉…基本¥250/速達¥530
     〈4~6部〉…基本¥400/速達¥780
    ・返信用封筒を送るための送信用封筒…1枚
    ・送信用封筒に貼る切手…定型/不定形・重さに応じた金額分
  • 【宛先】
    〒102-0083 東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル6階 登録事務処理センター
  • 【記入項目-1】
    送信用封筒と返信用封筒に、赤字で「保育士登録の手引き○部」と明記します。
  • 【記入項目-2】
    返信用封筒に住所、郵便番号、氏名を記入し、請求部数に応じて切手を貼ります。
  • 【郵送】
    送信用の封筒に返信用封筒を折りたたんで入れ、ポストに投函または郵便窓口より郵送します。
【2】登録手数料の支払い
「保育士登録の手引き」に同封された専用払込用紙にて払込手続きを行います。

【登録金額/1人】4,200円
【払込場所】郵便局の窓口(ATM不可)
【保管する用紙】郵便振替払受付証明書/振替払込請求書兼受領証

※振替払込受付証明書の紛失や窓口以外での支払いをしてしまった場合は登録事務処理センター(03-3262-1080)まで連絡し、払込日と郵便局名を伝えましょう!

【3】必要書類の準備・提出
保育士登録申請に必要な書類を揃え、郵送します。

  • ◆ 保育士登録申請書
    「保育士登録の手引き」に同封されている書類です。
  • ◆ 振替払込受付証明書
    支払いの完了した払込用紙の右端を「保育士登録申請書」裏面に添付します。
  • ◆ 保育士となる資格を証明するいずれかの書類(原本)
    ・保育士(保母)資格証明書
    ・指定保育士養成施設卒業証明書
    ・保育士養成課程修了証明書
    ・保育士試験合格通知書
    ・保育士試験一部科目合格証明書/通知書
     ※連続した3年間で全科目の合格が確認できるもの
     ※保育士登録申請書別紙の添付が必要です!
  • ◆ 現在の戸籍抄本(個人事項証明書)
    《オプション》資格を証明する書類の氏名と現在の氏名が異なる場合は氏名変更の経緯がわかるよう、6カ月以内に発行された戸籍抄本が必要です。
  • 【郵送先】
    〒102-0083
    東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル6階 登録事務処理センター


    【郵送の方法】
    ・必ず郵便局の窓口にて簡易書留郵便で郵送します。
    ・書留郵便物受領書は保管しておきましょう!
【4】保育士証の交付
申請先の都道府県による審査後、保育士登録簿に登録された後の交付になりますので、書類の不備などが無い場合でも申請の受付から約2カ月必要です。

保母資格しか持っていない…という方は…

縄跳びであそぶ保育園児

平成11年4月の児童福祉法施行令の改正により「保育士」へと名称が変更になった保母資格。復職を希望される方の中には保母資格証明書をお持ちで、「保育士への変更などが必要なのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし保育士登録は保母資格証明書のままで問題ありませんのでご安心ください。
 
保育士登録手続きまでの期限もなく、保母資格証明書それ自体にも有効期限は設けられていませんので、以前に取得した資格証明書でも登録が可能です!
 

書類をなくした…姓が変わった…困った時のQ&A

本を読む園児の女の子

ここからは登録手続きで困った際に役立つ対処法をご紹介しましょう!

【Q】保育士となる資格を証明する書類が見当たらない!
資格を証明する書類を紛失してしまったら、発行元で再発行もしくは代わりの書類を発行してもらえます。ただし資格取得年月の明記されていない書類は無効となりますので、再発行を受けた際には取得年月の記載があることを必ず確認しましょう!
 
【問い合わせ先】
■保育士(保母)試験を受験し合格した場合
 …保育士(保母)試験に合格された都道府県
■指定保育士養成施設卒業証明書/保育士養成課程修了証明書
 …資格を取得した各教育機関
【Q】資格を取った時と現在で姓が変わった…
結婚などで資格取得時と氏名が異なる場合には、戸籍抄本(または個人事項証明書)をお近くの役所で取り寄せ、申請書に添付することで登録ができます。ただし証明書は6カ月以内に発行され、氏名変更の経緯がわかるものでないと受付されないので注意しましょう!
【Q】保育士(保母)資格証明書がかなり古い…期限はあるの?
保育士(保母)資格証明書など保育士となる資格を証明する書類が無効になることはありません。また保育士登録に期限があるわけではないので安心してください。保育士として働こうとするときに保育士登録が済んでいれば大丈夫です!
【Q】登録後に更新などは必要なの?
保育士登録を受け保育士証が交付されれば、その後更新の必要もなく全国で保育士として働けます!ただし氏名や本籍地が変更になった場合、保育士証を汚損・破損した場合には書換えや再交付の手続きが必要です。再交付の場合には1,100円の手数料が必要です!
【Q】登録の際に提出した資格証明書はどうなるの?
登録の際には保育士となる資格を証明する書類の原本を郵送しますが、資格取得年月日が児童福祉法施工の平成15年11月29日より前のものは、保育士証発送の際に返却されます。

ブランクOK!現場へのスムーズな復帰のために…

電車ごっこで遊ぶ園児たち

「保育士登録は完了したけれど、久しぶりの就職活動で不安…」「現場経験が無いので本当に働けるのか心配…」そういった不安を抱えていらっしゃる方もいらっしゃることでしょう。
 
そういった場合には各都道府県で支援を受けられる場合があります。たとえば東京都の場合であれば、保育人材コーディネーターによる相談、就職相談会、就職支援研修への参加、講義と保育所での実習を通して知識・技術の回復を目指す就職支援セミナーへの参加などが可能。一度お近くの都道府県などの窓口に問い合わせてみましょう!
 
また研修制度が整った施設もありますので、そういった求人に応募してみても良いかもしれません。
 
《参考》厚生労働省|全国の保育所支援センターなどの連絡先一覧
 

編集者より

「ブランクがあるので研修制度がしっかりしたところが良い」「土日は休みたい」「子どもを預けて短時間で働きたい」…今復職を考えられる方は、さまざまな希望条件をお持ちかと存じます。現在では例えば”ブランク歓迎””託児所完備”など働きやすい条件が整った求人もあるので、多くの求人に目を通してご自身の働きやすい環境を選ぶようにしましょう!
 
特に秋からは新しくオープンする園の求人や新年度に向けての採用活動が活発になる時期でもあります。就業をお考えの方はぜひ、保育士登録の手続きとともに具体的な就職活動に向けて、履歴書などの準備や求人検索なども進められることをオススメします。

皆様の再就職が成功しますように!
 

◆ 人材紹介サービス《保育のお仕事》のご紹介 ◆
【保育のお仕事】では、専任のコンサルタントが履歴書などの作成のアドバイス、求人のご紹介など、あなたの転職活動をサポートいたします!ぜひお気軽にご相談くださいね!
子どもと保育士さん

参考資料・リンク

保育士登録事務処理センターや厚生労働省など、参考サイトのリンクです。保育士登録申請書別紙のダウンロードや詳しい要項の確認をはじめ、手続きに必要な情報が掲載されています。

《参考》保育士登録事務処理センター保育士の登録
《参考》厚生労働省
《参考》東京都保育人材・保育所支援センター

友だち追加
保育のお仕事