手を挙げる女の子の園児
読了の目安:約8分5秒

国際化の流れで需要が高まる英語。新学習指導要領により英語教育のスタートが早まったことで、幼児の英語教育もますます注目されています。保育士さんの中には語学力を生かして英語教育に携わりたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。本日は幼児英語教育のメリットやデメリットに加え、保育士さんとして携わる際に知っておきたいポイントをまとめました!

英語教育を取り入れる幼稚園・保育園が増加中


平成23年度より小学校で新学習指導要領が実施され、英語教育は5年生から必修となりました。現在は3年生から始める動きもあるよう。そんな中で就学前から英語を学ぶことも珍しくなくなっています。保育園などでも英語教育を盛り込むところが増え、園児獲得に奔走する私立幼稚園では特に顕著になっています。

英語教育に取り組む私立保育園の割合
【平成19年】47.6%
【平成24年】58.0%(10.4%増)

 


また英語で保育を行う保育施設”プリスクール”も子どもに英語を学ばせたい保護者に人気。その数は全国で500を超えるとされ現在も増加傾向にあるようです。

【プリスクール(プレスクール)とは?】
英語を使用した環境で子どもを保育する施設のこと。カリキュラムの一部に英語教育を含めるのではなく、生活を通して英語を自然に身につけられるとして人気があります。インターナショナルスクールの隣接施設となっているケースや、保育園の中に併設されるケース、独立して経営しているケースなどさまざまな種類があります。

 
就職、転職を考える保育士さんの中で英語力に自身がある方は、そのスキルを活かせるチャンスが増えているとも言えますね。

幼児期の英語教育のメリットとは?

悩む保育士さんと赤ちゃん

幼児に英語を教える一番のメリットは耳を鍛えられることです。
日本人はLとRの聞き分けが苦手ですよね。幼いときから英語を聞き続けていれば、LとRはまったく違う音として聞き分けることができます。
《参考》Yahoo!知恵袋
失敗を恐れない、楽しくできる、単純な繰り返しが嫌じゃないというのは子どもの特典です。そこに高点数を取りたいとか、合格しなくちゃとか、自分の意志以外のものが横押ししてくると、やめたくなったり興味がなくなります。
《参考》教えて!goo

【メリット1】英語への抵抗感がない

英語アレルギーという言葉もあるほど、一度苦手意識を持ってしまうと英語への抵抗感が強くなります。その点幼児期には母国語以外の言語に対する抵抗感がないため、スムーズに身につけることができるとされています。

【メリット2】耳から学ぶことによる音のインプット

音楽における絶対音感のように、早期に耳から学ぶことが言語習得においても大切だそう。英語独特の発音の違いに幼いうちから親しみ、音をインプットしておくことで、就学後の英語学習もスムーズに進みやすいというメリットがあります。

【メリット3】幼いころの方が知識の習得がしやすい

言語については8~13歳まで母国語としての言語の習得が止まってしまうと言われており(クリティカルエイジ)、この時期を過ぎてからの言語習得は困難になる傾向にあるそうです。スポンジのように多くを吸収できる幼児期に英語教育を受けることでより早く習得ができると言われています。

【メリット4】遊びの中で楽しみながら学べる

義務感からの勉強ではなく、遊びや生活の一環として取り組むことができるため、比較的抵抗感なく英語に親しめるという利点があります。

デメリットにも着目しよう!

いくら子供時代に英語に慣れ親しんでも続けて学んでいかないとやはり将来通用する能力にはならないし、言いかえれば小さいころに始めたからといっていいものとは限らないかも…と思いました。
《参考》大手小町|発言小町
一番の問題は、まず母語である日本語の基本を覚えるべきときに、中途半端な英語漬けになってしまったので、基本的な日本語のボキャブラリーがあやしいことだそうです。英語で言えるが日本語で言えない単語もたくさんあったそうです。
《参考》大手小町|発言小町

【デメリット1】母国語の能力の発達が遅れる場合も…

英語教育に力を入れるあまり、肝心の日本語に支障をきたすケースもあるそうです。家庭ではきちんと日本語で話す環境を整える、日本語の絵本もたくさん読んであげるなど、豊かな日本語に十分触れる機会を作ってあげることが大切です。

【デメリット2】会話の中で英語と日本語が混合してしまう

日本語と英語を同時に習得していくと、 言葉が混乱してしまう時期もあるそう。一時期を過ぎればきちんと使い分けられるようになるとも言われますが、家庭と保育園など、環境に応じて2つの言語をバランスよく使っていく必要がありそうです。

【メリット3】英語アレルギーになる可能性

教育熱心な家庭の場合、本来遊びとして楽しみながら身につけられる幼児期の英語が義務化してしまい、子どもが英語を嫌いになってしまうという可能性もあります。

【メリット4】大人になるまでに忘れる可能性

せっかく習得したのに、中学生に上がるころにはすっかり知識が抜け落ちていた…というご意見は保護者からも多く聞かれます。就学後も英会話教室や家庭内で英語に親しむことが必要なようです。

私の英語力…大丈夫?英語教育の園に入職するには

頬に手を当て考える保育士さん

英語が全くできないよりは、得意な先生の方が、英会話に力を入れている園は嬉しいかもしれません…
《参考》保育CAN
英語ができるなら「子ども達に質の高い英語を教えることができます!」と、一般的な幼稚園に売り込むことも可能ですよね?「英語にも力を入れたいけれど、喋れる先生がいないし」と諦めている幼稚園があったとしたらあなたは正に救世主ですね
《参考》保育CAN

英語が出来た方が就職に有利?

プリスクールや英語教育を行う保育施設への就職を希望する保育士さんには、さまざまな語学レベルの方がいらっしゃることでしょう。留学経験がある、TOEICで高得点を取得している、などの場合には高い語学力を必要とする園にも応募でき可能性は広がるでしょう。しかし一方で入社時の英語力は不問で、働きながら英語力を高められるケースもあります。ご自身のレベルに合わせて応募先を検討すると良いでしょう。

【参考】TOEICテスト得点から見るレベル感の目安
【スコア】 【一般企業でのレベル感・できることの目安】
900~990 ・専門分野の高度な専門書を読んで理解できる
・英語を話す人たちの議論を聞いて内容が理解できる
800~895  ◆国際部門職員に求められるレベル

・英語のwebページから必要な情報や資料を収集できる
・職場で発生した問題についての議論が理解できる

700~795  ◆国際部門職員に求められるレベル
 ◆海外赴任の際に求められるレベル
 ◆中途採用社員に求められるレベル

・会議の案内など社内文書、通達が読んで理解できる
・自分の仕事に関連した業務のやり方についての説明を理解できる

600~695  ◆海外赴任の際に求められるレベル
 ◆中途採用社員に求められるレベル
 ◆新入社員に求められるレベル

・自分あてに書かれた簡単な仕事のメモを理解できる
・ゆっくりと話してもらえれば目的地までの順路が理解できる

500~595  ◆新入社員に求められるレベル

・電車やバスの時刻表が理解できる
・打ち解けた状況で簡単な質問を理解できる。

400~495  ◆新入社員に求められるレベル

・看板をみてどんな店か、どういったサービスを提供するかわかる

【参考】自分の語彙力レベルがチェックできるサイト
《weblio》語彙力レベル測定テスト
▲TOEICのスコア別、英語検定のレベル別など、各種検定ごとに語彙力のチェックが可能です。以前に取ったスコアで実力に自身が持てない場合に確認してみましょう!

働く上でのメリットやデメリットは?

保育士さんとして英語教育に携わる場合、まずは「英語が好き」という気持ちや興味を活かして働けることが大きなメリットでしょう。また働きながら語学スキルを高めることも可能です。ただ、一方ではネイティブの先生の子どもへの対応に疑問を感じたり、保育方針が考え方に合わない…という方もいるようです。園見学などで自分に合うか、確認したうえで入職を検討するのが良いでしょう。

英語教育に力を入れる保育園・幼稚園


参考までに【保育のお仕事】で取り扱う求人のなかから、英語教育に力を入れており、保育士さんの英語力を活かせる園を少しご紹介します!

インターナショナルバイリンガルキンダーガーデン(大阪)

インターナショナルバイリンガルキンダーガーデン
保育活動・教育活動を主に英語で行う”イマージョン教育”が特徴!バイリンガル育成の保育、幼稚園です。週2回、全クラスに中国語レッスンを取り入れるなど、英語以外の教育にも携われ、日本語のレッスンも取り入れています。

《求人を見る》インターナショナルバイリンガルキンダーガーデン

カイルアインターナショナルスクール(千葉)

カイルアインターナショナルスクール
完全英語教育の保育、幼稚園。子どもたちと職員、保護者がひとつのOHANA(家族)として運営している 縦割り保育のハワイアンインターナショナルスクールです。英語が得意でない保育士さんでも応募可能!フラダンスやハワイアンクッキングなども取り入れ、アロハの精神が生活全体に活かされています。

《求人を見る》カイルアインターナショナルスクール
《画像引用》カイルアインターナショナルスクール

DREAM KIDS LITTLE(東京)

ドリームキッズリトル
本格的な英語教育と、リトミックを行っている認証保育園。定員40名の少人数制で、子どもたちとゆっくり関わることができます。毎日ネイティブの先生が遊びに来て、英語に触れ合える環境が整っています。保育士さんは英会話ができなくても応募可能!働きながら英語力を身につけられます。

《求人を見る》DREAM KIDS LITTLE


◆上記の求人に応募したい!という方はぜひお気軽にご相談ください!◆
【保育のお仕事】では、専任のコンサルタントが履歴書などの作成のアドバイス、求人のご紹介など、あなたの転職活動をサポートいたします!英語力を活かせる求人もたくさん!ぜひお気軽にご相談くださいね!
子どもと保育士さん

 

編集者より

就活スーツに身を包む保育学生たち
「英語が得意」「留学の経験がある」といったスキルは、転職においては大きな武器になり得ます。持っているスキルを活かしたいという強い思いがあれば、志望動機にも説得力が増すでしょう。新しい環境に飛び込むうえで不安はつきものですが人生は一度きり。”好き”を仕事に活かせる人は実際には多くはありません。

編集者の個人的な意見ですが、デメリットに目を向けたうえでも、自分の気持ちに揺らぎがないならば、積極的にチャレンジすることも大切だと思いますよ!

参考資料

《参考》TOEICテスト
《参考》NHK生活情報ブログ
《参考》エキサイトニュース
《参考》サンライズキッズエデュケーション
《参考》幼児期から英語の勉強を始めるメリット・デメリット

友だち追加
保育のお仕事