読了の目安:約3分57秒

いろいろなことがあった今年も、あとわずかで幕を閉じ、お正月がやってきますね。今では日本の伝統の遊びを目にする機会は少なくなりましたが、お正月には、古き良き遊びに触れる機会も多いものです。本日は子どもたちにもぜひ伝えていきたい、そんなお正月の遊びをご紹介します!

新鮮!伝えていきたいお正月の遊び

仲良く遊ぶ女児のイラスト
「お正月には凧あげて…」最近ではお正月の空に凧が上がっている風景もあまり目にしなくなりましたが、こういった伝統的な遊びは、行事を通じてでないと、なかなか体験の機会がないものです。今年のお正月はご家庭、保育園や幼稚園で、日本の伝統の的な遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか?

子どもの成長を願う【羽根つき】

池田工業社 アナと雪の女王羽子板
羽根つきは1年の厄をはね、子どもの健やかな成長を願う遊び。もともとは中国で、羽に硬貨をつけたものを蹴る遊びが、室町時代に伝来したものだそう。羽根つきに使われるムクジロの実は「無患子」と書き、子どもが患わないように、女の子の初正月に羽子板を贈る風習が生まれたそう。失敗したときに墨を塗るのも、魔よけのおまじないです。

高く上がるほど元気に成長!【凧あげ】

池田工業社 アンパンマン3連凧
平安時代に、貴族の遊びとして伝来した中国発祥の凧あげ。昔から「立春の季に空に向くは養生のひとつ」といわれ、立春に凧あげをするようになりました。暦が変わって、そのなごりとしてお正月にあげるようになったそう。江戸時代には男の子の誕生祝いとして親しまれ、高く上がるほど子どもが健やかに成長すると言われています。

笑う門には福来る【福笑い】

福笑い
明治時代頃からお正月の遊びとして定着している福笑い。目隠しをして輪郭を描いた紙の上に目鼻を置いていき、できあがった愉快な顔に、皆で笑える楽しい遊びです。子どもたちや先生の顔に似せて作っても楽しめますよ!

集中力アップ!【お手玉】

お手玉(おてだま5個入り)
手先を使うお手玉遊びは、脳を刺激して集中力も増すといううれしい効果も。子どもたちの手先の器用さを高めるためにも、ピッタリの遊びですね!左右同時に投げてキャッチする、左右に持ち変える、手の甲で受け止めるなどさまざまな遊び方ができます。

発祥はエジプト?!【コマ回し】

WOODY PUDDY ひもコマ (B) G04-1059
世界最古のコマは、エジプトで発見された、紀元前2000年~1400年頃のものだったそう。日本へは奈良時代に唐から伝来しました。神社や縁日の余興として親しまれていたものが次第に子どもの遊びになっていったそう。

【いろはかるた・百人一首】

任天堂 百人一首 舞扇
読み札と絵札を使ったカードゲーム。和歌を集めた百人一首は、宮中の遊びだったものが、木版画の技術によって庶民にも親しまれるようになりました。いろはかるたはことわざを集めたもので、子どもでも親しみやすくできています。園児の名前などオリジナルのものを作ってみても楽しいでしょう。

意外とコツがいる【だるま落とし】

池田工業社 高級達磨おとし
お正月になると、一年の新たな願いを込めて、新しいだるまを買い、前年のだるまを供養するのが慣わしになっています。転んでも起き上がることから願掛けの意味で行われているものですが、だるま落としのだるまは、起き上がれません。そのため、転ばないようにハラハラしながら遊べるようになっています。編集者は苦手なのですが、胴をすばやく叩くのがポイントだそう。

手づくりすごろくを作ろう!


すごろくは、順番やルールを守りながら遊ぶため、社会性を身につけられる遊び。すごろくシートとサイコロ、コマがあれば手軽に大勢で楽しむことができます。市販のすごろくも面白いですが、すごろくシートやコマを手作りしても楽しいですよ!

【すごろくボードの作り方】
■ すごろくのテーマを決めます
■ スタートとゴールの位置を画用紙に描き入れます
■ テーマに沿って、スタートとゴールをつなぎながらマスを作っていきます
■ それぞれのマスに【一回休み】などのイベントを書き込みます
■ でき上がり!

すごろくボード

【コマの作り方】
■ 画用紙を細長い形に切ります
(サイズはすごろくボードのマスに合わせて作りましょう!例:2cm×7cmなど)
■ 中央部で山折りにします
■ 地面に設置する5mm分ほどを左右それぞれ谷折りにします
■ 目印にシールを貼ったり絵を描いたりします
■ でき上がり!
コマ作りの参考に…イラスト例
コマを手作りする際には、好きなキャラクターや動物、似顔絵など、好きな模様を自分たちで描いても愛着が湧いて楽しいもの!ぜひいろいろと作って楽しんでみてくださいね!
男の子のイラスト 女の子のイラスト
ネコのイラスト クマのイラスト



編集者より

お花の髪飾りを付けた保育園児の女の子
慌ただしい師走も本日で終わりですね。皆さまにとって、今年はどのような一年だったでしょうか?私事にはなりますが編集者自身、記事を書かせていただくようになって半年、駆け抜けるようでした。しかし皆さまに支えていただき、年末を迎えられました。あらためて心より御礼申し上げます。

今年もあと数時間ではございますが、どうか皆さま良いお年をお迎えください。そして、来年も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さまの新たな1年が、幸せにあふれるよう願いながら…。

参考資料

《参考》ALLAbout
《参考》話題の森
《参考》HoiClue
《参考》キッズgoo

友だち追加
保育のお仕事