読了の目安:約4分40秒

冬しかできない、この季節ならではの遊びと言えば「雪遊び」!寒くても子どもたちは元気いっぱいです!しかし雪の降らない地域に住んでいると、なかなか触れる機会がありませんよね。本日は手軽に雪に親しめて楽しく遊べる、そんな雪体験ができるオススメスポットをご紹介します!

子どもに体験させたいおでかけ第4位は「雪遊び」

男の子
子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」のアンケート調査によれば、雪遊びは「2014年に子どもと体験したこと」の第4位にランクイン!また、「2015年やりたいと思うこと」では第5位に入っているとのことです。まだスキーやスノーボードができない幼児でも気軽に楽しめることから、この季節の家族の人気おでかけプランになっているようですね!

行ってみたい!子どもと楽しめる5つの雪遊びイベント

雪だるまのイラスト
遊園地やスキー場では、子ども向けに雪遊びのできるコーナーを設けているところも、たくさんあります!最近ではスキー客の減少などで、キッズ向けエリアを拡大しているスポットもあるよう。ここからはこの冬出かけたくなる、オススメの雪遊びスポットを5つご紹介します!

軽井沢おもちゃ王国

群馬県吾妻郡にある軽井沢おもちゃ王国では400平方メートルの大きなそり遊び広場が登場!その他雪遊び広場で自由に遊んだり、かまくら体験をしたり、多彩な楽しみ方ができます!また、週末にはスノーモービルや、スノーラフティングが体験できる、期間限定のアクティビティも楽しめるそう!そりやスノーチューブのレンタルも行っているので、手ぶらでお出かけできます!

営業期間:2015年3月29日(日)まで
営業時間:10:00~16:00
休園日:毎週火・水曜日および2月12日
入園券:大人800円 小人600円
※一部アクティビティなどは有料です
《ホームページ》軽井沢おもちゃ王国

ぐりんぱ

静岡県富士山2合目にある遊園地ぐりんぱ。大自然の中の広々としたゲレンデで、雪遊びやそり遊びができます!その広さはなんと10,000平方メートル!ウエアなどもレンタルできます。また、3月1日まで行われている雪だるまコンテストや、スケート、チュービングなどが楽しめるスノーカーニバルなど、一日中雪遊びが楽しめる環境!冬季限定で、都心部から直行バスも出ています!

営業時間:9:30~16:00
休園日:2月は無休
入園券:大人1,100円 小人750円
※一部アクティビティなどは有料です
《ホームページ》ぐりんぱ

森の国

森の国は鳥取県西伯郡にある自然体験施設。西日本で最大規模のアスレチックや広場を備え、スノーシューやスキー教室、かまくら作り、チューブスライダーなどの体験プログラムも豊富!特に雪の積もった山林を歩いて進むスノーシューは、大自然を間近で感じられる感動のプログラムです。そりなどのレンタル遊具は無料で貸し出してくれるので安心!

営業期間:2015年3月29日(日)まで
営業時間:9:00~17:30
休園日:なし
入園券:大人900円 小人700円
※一部アクティビティは有料です
《ホームページ》森の国

ハンターマウンテン塩原

栃木県那須塩原市にある関東最大級のスキー場。キッズパークが拡大して、さらに楽しめる幅が広がりました!スノーエスカレーターでらくらく丘を登ったら、そりやスノーチュービング、滑り台などで思い切り雪を楽しみましょう!疲れたら無料の休憩室もあるので、小さな子どもでも安心♪3月8日にはパトロールや圧雪車試乗ができるお仕事体験プログラムも予定されています。

営業期間:キッズパークは2015年4月19日(日)まで
営業時間:8:30~16:30(平日)
休園日:なし
入園券:わんぱくエリア+ふわふわエリア共通券:1,500円(子どものみ)
※未就学児はリフト券無料
《ホームページ》ハンターマウンテン塩原

黒姫高原スノーパーク

ファミリーパーク
東京ドーム6個分の広さを誇るファミリーパークが魅力の、長野県上水内郡にあるスキー場。無料休憩室や託児所、おむつルームなども完備しているので安心です。長靴のまま乗れるリフトや、雪山滑り台、小さな子ども向けには安全なネットの囲いの中で、雪遊びが楽しめるコーナーも設けられています!毎週土曜には雪を掘って宝探しをするイベントも開催中!

営業時間:8:30~16:30
休園日:シーズン中は無休
入園券:ファミリー&KID’Sパーク500円
※未就学児はリフト券無料
《ホームページ》森の国

子どもの心と体を育む!雪遊び体験の効果とは?

雪だるまと女の子
生まれて初めて雪を見たときのことを覚えていますか?冷たくて、手のひらに乗せればすぐに溶けてしまう…踏みしめれば心地よい音がして、凍ったところは滑ってしまう…新鮮で不思議な体験を通じて、子どもの心と体にも良い影響があることが、最近注目されています。積極的に取り入れていきたいですね!

心へのよい影響
・表現力が豊かになる
・遊びの計画やイメージを膨らませ、想像力がつく
・さまざまな刺激に触れ、感性が豊かになる
・ドキドキするなど多くの感情に触れられる
・大人が感情を言葉にすることで言葉の習得になる
体へのよい影響
・重心の移動などを覚えバランス感覚が身に付く
・歩行にも通常以上の運動量が必要で、心肺機能発達に役立つ
・通常使わない筋肉を使うことができる

編集者より

雪の結晶
先日降った雪も、あっという間に解けてしまいましたが、うっすら積もった軒先の雪で、子どもたちが小さな雪だるまを作ってはしゃいでいました。ゲレンデなどで美しい銀世界を見ると、大人でもワクワクしてくるもの。子どもたちにも自然の豊かさ、大きさに触れる感動を味わわせてあげたいものですね。本日も関東は雪とのこと。もしも降り積もったら、皆さまの保育園・幼稚園でも、雪あそびを取り入れてみてはいかがでしょうか?
 

子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」
今回参考にさせていただいたのが、子どもたちと一緒にお出かけする際に役立つ情報サイト「いこーよ」。掲載お出かけスポット数は2万件以上!季節ごとに、魅力的な特集も組まれています。お子さまをお持ちの方や、遠足で行く場所をお探しの保育士さんなどは、活用されてみてはいかがでしょうか?
→ 子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」

 
サービス登録ボタン
 
人材紹介登録ボタン

参考資料

《参考》子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」
《参考》雪とかかわる身体活動の健康・体力づくりの効果

友だち追加
保育のお仕事