読了の目安:約5分

2月のイベント「節分」。保育園や幼稚園でも、毎年豆まきをする園が多いのではないでしょうか。しかし、なぜ節分には豆まきをして鬼を追い払うのでしょうか…?慣れ親しんだ行事でも、意外とその由来は知らないこともありますよね。本日は節分に関する豆知識をお伝えするとともに、カンタンな鬼のお面の作り方もご紹介します!

子どもたちの「なんで?」に答える!節分の豆知識

豆まきを楽しむ親子
子どもたちは好奇心旺盛!疑問に思ったことは「なんで?」と保育士さんや保護者の方に問いかけてきます。そんな子どものなぜなぜ攻撃にも、ひるまず対応できるよう、まずは節分の基礎知識からお伝えしていきます!

なんで節分というの?

節分とは、季”節”の”分”かれ目と書きます。つまり本来は立春、立夏、立秋の前日を意味し、中でも特に一年の初めの節分である立春前日が、特に重んじられて「節分」と呼ばれるようになりました。

なんで節分には鬼を追い払うの?

日本では昔から、節分には鬼が来ると言われています。鬼は邪気や厄の象徴とされ、災害や病、飢饉などの恐ろしいできごとは、鬼のしわざと考えられてきました。そのため無病息災を願って、節分には豆をまいて鬼を追い払うのです。

なんで鬼はトラのパンツをはいているの?

節分の鬼のイラスト
鬼と聞いて思い浮かべるのは、おそらく上のイラストのような、角と牙を生やし、トラ柄のパンツをはいた姿でしょう。この姿にも実は理由があります。鬼が住んでいるのは、鬼門である丑寅の方角。だからこそ丑(牛)の角をもち、寅(虎)の牙を生やし、毛皮をまとっていると言われています。

なんで豆をまくの?

古代中国では大晦日に「追儺(ついな)」と呼ばれる邪気祓いの行事がありました。それが奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられました。その行事のひとつ「豆打ち」の名残が豆まきだと言われています。
 

ではなぜ豆をまくのか…ひとつには中国の風習があり、魔を滅ぼす「魔滅」と豆をかけたとされています。また京都では毘沙門天のお告げによって、豆を鬼の目に投げつけて鬼を退治した話が残っているそう。こちらは魔の目「魔目」と豆をかけています。また新たな一年もまめに暮らせるようにという願いも込められていると言われています。

【マメちしき:炒り豆でなくてはいけない理由とは】
豆まきの豆が炒ってあるのは、豆まきで拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いため。また「炒る」と「射る(鬼を退治する)」をかけて炒り豆が使われます。

色画用紙だけでできる!鬼のお面を手作りしよう!

鬼のお面
では、節分の豆まき用に、簡単に作れる鬼のお面を作ってみましょう!今回材料として使うのは色画用紙のみ!手軽に30分もあればできあがります。子どもでも作りやすいので、ぜひ一緒に作ってみてくださいね!

用意するもの
□ 色画用紙
□ 色鉛筆
□ のり
□ ハサミ
□ 鉛筆
□ 消しゴム

材料の写真

カンタン!作り方

—step1—
今回は青鬼を作ってみます!まずは青い画用紙に鉛筆で輪郭を描き、目、頬、口、牙も下描きします。終わったら別の色の画用紙に、角、髪の毛、そして先ほど描いた顔のパーツの大きさに合わせて、目や口のパーツも別の色画用紙に下描きします。
 
—step2—
次に、下描きに沿って、画用紙をハサミで切り抜いていきます。全て切り抜くと下の写真のようなパーツができあがります。
鬼のお面の作り方
 
—step3—
パーツを福わらいの要領で、顔面に配置して、のりで貼り付けます。このとき、下描きをした方の面にのりをつけ、画用紙を裏返して張りつけると、表面に鉛筆の線が出ずにキレイに仕上がります。
 
—step4—
全てのパーツを貼り終えたら、色鉛筆を使って、影や角の細かな線などを描きいれていきます。頬はあえて色画用紙で作らず、色鉛筆で塗ってもかわいく仕上がります。最後に頭に固定するためのベルトを、お面の後ろがわに貼れば完成!なお、耳の部分に輪ゴムを通せば、顔にかぶることもできます。その際は目の部分をカッターで切り抜いて、視界を確保しましょう。
鬼のお面
 

トラ柄パンツも画用紙でカンタンに作れちゃう♪

節分豆
お面と同じ材料を使って、鬼のコスチュームもカンタンに手作りできます。服の上からエプロンのようにかぶせるだけで、鬼になりきることができますよ!
鬼のパンツの工作

カンタン!作り方

—step1—
まずは黄色の色画用紙をパンツの形に切り抜きます。
 
—step2—
黒い画用紙を適当にじゃばらのように折り畳み、ハサミでトラ柄のパーツを切り出していきます。適当に配置するだけでそれらしくなるので、下描きはしなくても大丈夫!なるべく一度に同じ形のパーツが多く作れるよう、画用紙の重なりを多くしておくのがポイントです。
 
—step3—
トラ柄を黄色い画用紙に貼り付けていきます。少し根気がいりますが、この作業を終えれば完成間近!
 
—step4—
全て柄を貼り終えたら、ウエストの部分に黒い帯状の画用紙を貼りつけ、本体から左右少しはみ出した状態で切ります。そのはみ出した部分にパンチやハサミ、カッターなどで穴を作り、その穴にひもやスズランテープを通せば…トラ柄パンツ風エプロンの完成!

アイデアいろいろ!鬼のお面作りのヒント集

節分のイラスト
今回は色画用紙を使ってお面の作成をしましたが、他にもさまざまな素材をつかって工作が楽しめます。皆さまのアイデアを少し覗いてみましょう!
段ボールのお面
▲ 段ボールを色画用紙で包んで作られた、かぶるタイプのお面です。後ろから見ても鬼とわかるので、子どもたちから逃げるときも、鬼になりきれそう!
《画像引用》神戸三宮のジュエリーショップ「フラウ」のスタッフブログ


紙袋のお面
▲ こちらもかぶるタイプですが、素材は紙袋。絵具で色を塗り、毛糸で髪の毛を表現しています。軽いので子どもでもかぶりやすい作品ですね!
《画像引用》Go!Go!豊幼稚園 I


紙皿のお面
▲ 紙皿で作ったお面。折り紙をちぎって貼り付けています。とてもかわいらしいですよね!
《画像引用》exciteブログ|男女双子のママのつれづれ日記

無料で型紙がダウンロードできるサイト集

◆少し強面の正統派!鬼のお面 ⇒ 幼児の学習素材館
◆ポップでカラフルな鬼のお面 ⇒ レッツエンジョイ東京
◆頭につけるカワイイ鬼のお面 ⇒ 大垣地域ポータルサイト西美濃
◆自分で好きな色を付けられる鬼のお面 ⇒ ぬりえやさん

編集者より

豆まきのイラスト
幼い頃、父が作った紙袋の鬼のお面を母がかぶり、楽しい団らんの時を過ごしたことを、今でも懐かしく思い出します。無病息災を願うとともに、家族や仲間と楽しく過ごせる時間でもある節分…園で豆まきをした後は、手作りしたお面をそれぞれのおうちに持ち帰り、ご家庭でも行事が楽しめたらステキですね!

参考資料

《参考》Behappy
《参考》教えて!旬な情報トリセツ.com
《参考》教えて!旬な情報トリセツ.com
《参考》ALLAbout|厄除け・節分の基礎知識

友だち追加
保育のお仕事