こんなに便利!保育士さんのためのIT活用術
読了の目安:約5分2秒

保育士さんのお仕事には手作りの温かみが要求されることが多いですよね。保護者さんへの連絡帳を始めとした、園でやりとりする書類も手書きが基本です。そんな中で、ITというとつい苦手意識や抵抗を感じる保育士さんが多いよう。でも、ITってとっても便利で、仕事に導入する価値があるんです!今回は、保育士さん向けのIT活用術を4つ、厳選してお届けいたします。

ITには便利で素敵なことがいっぱい!

ITには「冷たい」「心がこもっていない」というイメージがあるかもしれません。しかしその一方で、使い方によっては作業の効率を大幅にアップしてくれますし、今までになかった新しいアイデアやコミュニケーションを引き起こしてくれる力もあるのです。

直接子どもや保護者さんの目に触れるところは現行のまま、手間のかかる裏方仕事や、保育士さん同士の情報交換などを中心にITを取り入れてみるのはどうでしょうか。節約できた時間で今まで以上に子どもに時間をかけてあげられたり、より良いサービスを提供できるようになったりと、きっとプラスの変化がたくさん起りますよ!

仕事に使う写真の共有にSNSが使える

写真の共有

教室飾りやおもちゃのアイデア、材料などの情報交換をするために、写真を撮ってLINEなどで共有している保育士さんたちがいます。写真でないと伝わらない情報を手軽に伝えられるので、LINEなどで写真共有をするのはとても良いアイデアですね。

写真共有専用のSNSは多数出ていますが、特におすすめなのは以下です。

Instagram

Instagram(インスタグラム)は無料の画像共有サービスです。多数あるフィルタを使って写真をおしゃれに演出したり、コメントやいいねをつけあったりして楽しむことができます。公開範囲を設定することも可能です。

Pinterest

Pinterest(ピンタレスト)は無料の写真共有サイト。お気に入りの画像を気軽に集めることができます。見やすくおしゃれな画面が人気です。公開範囲を設定することも可能です。

皆の使いやすいSNSを選んで、きれいな画面を楽しみながら、お互いのアイデアを刺激しあいましょう!

注意点として、外部の人が見れる場所(全体公開のタイムラインなど)に子どもの写真などの個人情報をアップしてはいけない、ということがあります。詳細はこちらの過去記事をご参照ください。

保育士さんがSNS投稿で絶対にやってはいけない5つのこと

保護者さんへの発信にメールを使ってみよう

メール

園から保護者さんへの連絡は、印刷したおたよりなど手紙で行なうことが多いと思いますが、少しずつメールでの連絡を取り入れてみませんか?業務の効率化と印刷・郵送代の削減が図れますし、保護者さんは携帯さえあればいつでも連絡内容を確認できます。保育士さんも保護者さんも助かる面が多いですね。

緊急時の一斉連絡のみメールで行なっているという園もあると思いますが、せっかく保護者さんからメールアドレスの情報をいただいているのであれば、ほかの連絡に使うことも考えてみましょう。ただし、事前にメールアドレスの使用許可をとっていたのが「緊急時の連絡用」のみであるのであれば、用途を広げて普段のおたよりなどにも使いたいということを、確実にすべての保護者さんに伝えてから実行に移ることが大事です。ときどきアドレスを変更する人もいるので、「アドレスを変更したら必ず園までご連絡ください」と周知するなど、アドレス確認の徹底も忘れずに。

日々の業務をサポートしてくれるサービスがある

日誌、指導案、シフト管理などの事務仕事は、子どもや保護者の目には触れませんが、とても時間と労力をとられやすいところですよね。こうしたものの効率化を支援してくれるサービスやソフトはたくさんあります。以下に例をいくつか挙げます。

予算のかかるところではありますが、自分たちではどうしても改善が見込めず困っている場合は、こうしたサービスや商品の導入を考えてみてもいいかもしれません。

全国の自治体で、「保育所等におけるICT化推進の補助金」制度が運用されています。条件と場合によっては、IT化推進の際にかかる費用に対し、1施設につき最大100万円までの補助金が出る可能性があります。この補助金に関しては各自治体に問い合わせてみてください。

オフィスツールを利用してみよう

オフィスツール

オフィスツールとは、ワードプロセッサソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトといった、オフィスでよく使うツールを総称する言葉です。マイクロソフト社製のMicrosoft Officeが最も有名です。Word、Excel、PowerPointと言えばわかりやすいでしょう。

引き継ぎに使うような、子どものプロフィール情報を記したノートなどは、多くの園がまだ手書きで作っているところが多いと思います。こういったものをPCでExcelを使って管理できるようになるととても便利です。

たとえばExcelを使うと、子どもの持病、癖、苦手な食べ物のメモ、運動・言葉・遊び・情緒などの項目の5段階評価などを簡単に整理・記録できるようになります。手書きのノートやファイルと違い、あとから字が判読できなくて困るということもないですし、情報を名前順・誕生日順で並び替えるのも、特定のキーワードに当てはまる情報を抽出するの(たとえば「アレルギー」という言葉が含まれる子どもの情報だけを抜き出すなど)も一瞬です。やり方さえ知っていれば、データをもとに子どもの特徴をグラフにすることも容易です。

こうしてPCで子どもの情報を管理すれば、時短になってもっと子どもと直接触れることに時間を使えますし、子どもの指導案を立てたり接し方を考えたりするのもスムーズになって一石二鳥です。

Excelの使い方については、こちらのサイトさまの記事をご参照ください。
みんなのエクセル表計算~初心者の使い方~無料講座

オフィスツールには行事などで使えるテンプレート(あらかじめある程度作ってあるひな型)もあります。
職業別おすすめテンプレート – 幼稚園・小学校の先生編 – 楽しもう Office ライフ

編集者より

いかがでしたか?この記事が、ITの活用が気になりつつもなかなか足を踏み出せなかった保育士さんが動き出すひとつのきっかけとなれたらいいなと思います。ラクをするようで抵抗のあったITの活用も、実はより良い保育のために役立ってくれる可能性が大いにあるのだ、ということを感じていただけたら幸いです。

参考資料

友だち追加
保育のお仕事