お正月かざり
読了の目安:約4分9秒

皆さま、新年明けましておめでとうござまいます!今年はどんな一年になるのでしょう。さて、新年といえば、おせちを家族で囲んで、子どもたちにお年玉を用意して…さまざまな風習がありますが、その由来や意味をご存じでしょうか?新たな年のはじまりである本日は、子どもたちにも伝えたい日本の伝統についてご紹介します!

お正月の由来って知ってる?

門松のイラスト
新たな一年の幕開けである「お正月」。毎年当たり前のように過ごしていますが、そもそもお正月とは何でしょうか?「何で1月1日はお正月っていうの?」…そんな子どもたちの疑問に答えられるよう、大人の私たちもおさらいしておきましょう!

お正月の由来
もともと「正月」とは1月の別称。一般的には1日を「元日」3日までを「三が日」7日までを「松の内」と呼びます。1月15日(地方によっては20日)の「小正月」と呼ばれる昔の正月で一連の正月行事が終わります。


お正月は1年の幸せを運ぶために、それそれの家庭にやってくるとされる「年神様(としがみさま)」をお迎えする行事です。年神様とは、祖先の神様で、田の神様、山の神様でもあるので、子孫繁栄や五穀豊穣に関わって、健康や幸福を授けるとされていて、別名を「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいいます。

お正月の風習にもちゃんと意味がある!

梅の花のイラスト
そんな年神様をお迎えするため、お正月の風習にもひとつひとつ役割と意味があります。ここからは、意外と知らない、お正月行事の意味をチェックしていきましょう!

大掃除

年神様をお迎えするためには、一年の汚れを落とさなくてはなりません。大掃除は12月13日に江戸城で行われていた「すす払い」に由来すると言われています。隅々まできれいにすれば、年神様が多くのご利益を授けてくださるそう。面倒がらずにお掃除したくなりますね!

年越しそば

江戸時代の町人が毎月の末日に食べていた「晦日そば」のなごりなのだそう。細く、長く、長寿であることを願い大晦日に食べます。薬味のねぎは、その年の疲れへの「労い(ねぎらい)」、祈るという意味の「祈ぐ(ねぐ)」、お祓いしたり清めたりする「祢宜(ねぎ)」という言葉にかけられています。

門松

古くから神を待つ木とされる松。神様が迷わずにやってこれるよう、目印として玄関前に飾ります。12月29日は”二重苦””苦松”、31日は”一夜限り”と不吉なため、28日までか30日に立てるのが習わしです。門松を飾る期間を「松の内」といい、年始のあいさつや年賀状のやりとり、初詣などもこの期間に行われます。

しめ縄

神様の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目を果たし、神聖な場所であることを示す飾りです。飾る場所は玄関の軒下の真ん中が一般的です。

鏡餅

年神様へのお供え物であり、鏡餅に年神様が宿るものとされています。お正月には、年神様の魂を分けてもらうこととなっており、家長が魂(餅玉)を家族に分け与えたのが「お年玉」それを体に取り込むのが「お雑煮」となっています。

初日の出

年神様は、日の出とともにやってくるとされ、元旦に初日の出を拝めば、願いが叶い、その年健康に過ごせると言われています。

おせち

おせち料理は、神様にお供えする料理という意味の「御節供(おせちく)」が略されたものです。福を重ねるという縁起を担いで重箱に詰められ、火の神である「荒神様」を怒らせないように、年の暮れに作れて保存ができるものになっています。

お雑煮

年神様に供えた餅を下ろしていただくもので、食べることでご利益が得られるとされています。お餅を入れて、雑多なものを煮込む「お雑煮」は、全国各地で具材が異なっています。

お年玉

現在はお金になっていますが、もともとのお年玉はお餅でした。年神様の魂が宿るとされる鏡餅の餅玉を、家長が家族に分け与えたのが、お年玉の由来とされています。ちなみに玉には魂の意が込められているのだそう。
 

子どもに読んであげたい!お正月がわかる絵本たち

仲良く遊ぶ女児のイラスト
ここではお正月という行事を知るきっかけになる、よりお正月を楽しむことができる…そんな絵本作品をいくつかご紹介します!


▲ かわいらしいコラージュで、日本の伝統的なお正月が描かれる行事絵本。行事の由来や、海外のお正月などについても学ぶことができます!年長さんくらいからがオススメです。



▲ お正月を迎える準備をするお父さんやお母さんを、ドキドキしながら見ているくまのこがとてもかわいらしい絵本。読み聞かせなら3歳ごろから、ひとり読みは6歳ごろからがオススメです。



▲ 12の干支の動物たちが集まって新年会!語呂のよい言葉でそれぞれの干支が紹介され、読んでいるとこちらまで宴に参加している気持ちに。4歳ごろからがオススメです。

編集者より

保育士さんの笑顔
新たな一年の幕開け、皆さまどのようなお気持ちで過ごされているでしょうか。いつもと同じ1日のはずなのに、やはりお正月には気持ちが凛と引き締まる思いがするのは、不思議ですね。家族と過ごし、年賀状やメールのあいさつで友人に思いをはせ、皆の健康と幸せを願う…そんな日本の美しい伝統は、ぜひ、子どもたちにも受け継いでいって欲しいと感じます。

どうか、皆さまとそれぞれの大切な方々に、今年も幸せがたくさん訪れますように…。

参考資料

《参考》ALLAbout
《参考》フレッツ光メンバーズクラブ

友だち追加
保育のお仕事