読了の目安:約3分5秒

「パラパラ」とめくっていくと、まるで3Dアニメのように絵本の世界が動き出す…そんな新しい絵本が青幻社出版の【パラパラブックス】。最近では『行列のできる法律相談所』でも紹介され、子どもから大人まで大人気です。今日はこのパラパラ絵本を子どもたちと一緒に、さらに楽しむ方法をお伝えします!

基本の楽しみ方は「めくるだけ」!

【パラパラブックス】は手のひらに乗る程度の大きさの小さな絵本。でも、1ページずつ読むのではありません。楽しみ方はただ、パラパラ漫画と同じ要領でめくっていくだけ。あっという間に終わってしまいますが、何度もめくりたくなる…そんな魅力がこの絵本には詰まっています。

【猫のランデブー】浅生ハルミン

小さな子どもたちにも親しみやすい、こころ和む世界観のパラパラ絵本。白ネコちゃんのことが大好きな黒ネコくんの憎めない愛らしいさが魅力的!

【カルルのパラパラブックス「あわてんぼうカルル」】寺田順三

アニメーション番組をもとに作られたパラパラ絵本。柔らかな色合いと主人公カルルの愛らしい動きがカワイイ。

【階段のふり】もうひとつの研究所

一見階段に見えるけれど、一段一段が不思議な生き物で…ちょっとシュールな世界観と、立体的なデザインが子どもから大人まで楽しめる作品です。

「お話づくり」でもっともっと楽しめる!

パラパラ絵本には文字がありません。…ということは、子どもたちが自由に想像できる余地があるということ。3歳くらいからの子どもたちと楽しむなら、「お話づくり」はいかがでしょう?

読み聞かせをする保育士さん

「お話づくり」の遊び方

・子どもたちにパラパラ絵本を見せます
・見終わったら、絵を見ながら子どもたちにお話を作って話してもらいます。
・話がなかなか出てこない時は、保育士さんが「これは何をしているところかな?」などと問いかけを入れてあげましょう!

物語のつづきを考えて想像力アップ!

パラパラ絵本に描かれているのは、小さなストーリー。もっと続きが見たい!と思う子どもたちも多いのではないでしょうか。では、その続きを考えてみよう!という遊びです。ちょっと難しいですが、お絵かきなど手を動かせる遊びにしてあげると子どもたちも楽しみやすいかも!

粘土遊びをする園児

【絵に描いてみよう】

「このあと○○はどうなったかな?」と、絵本の続きを子どもたちに描いてもらいましょう!たくさん絵をかいても、一つのシーンでも構いません。描き終わったらどんな続きが出来たか、聞かせてもらいましょう!

【ねんどで作ってみよう】

絵に描く代わりに粘土遊びにしてしまう方法もあります。立体的に作れることと、作っている最中動かせるので五感と想像力がフル活用できますね♪

めくると変身!手作りパラパラ絵本を作ろう

絵が動くような複雑なものは難しくても、パラパラ絵本を応用して、手作りの作品を作ることもできます!小さな子どもでも取り組みやすい工作の方法をお教えします!難しいところやハサミを使うところは、保育士さんが手伝ってあげると安心です。

用意するもの
・ペンやクレヨン…好きな画材でOKですが、ペンタイプのものが作りやすくて◎
・画用紙…1枚
・ハサミ
・ホチキス
・ビニールテープやマスキングテープ

【上下でパラパラ絵が変わる絵本/作り方】

◆1……画用紙を切る(2の倍数になるように切れば何等分でもOK)

◆2……上下2枚で複数のページになるよう重ね、ホチキスで留める

◆3……ホチキスの上から安全のためにテープを貼る

◆4……好きな画材で絵を描く

◆5……ページをめくり、半分だけ違う絵を描く

これを繰り返すと、ページを片方ずつめくる度に違う絵が出てくるパラパラ絵本風の作品が出来上がります!ページが多いほど様々なバリエーションが楽しめます。

<参考> おもしろ変身絵本の作り方(http://nanapi.jp/90494/)

編集者より

ノートの端によく描いていたパラパラ漫画。それが本格的になるとこうも魅力ある絵本になるんだなぁ…と感心してしまいました。テレビとは一味違う躍動感がありますよね!

感受性と想像力が豊かな子どもは、大人とはまた違った見方が出来るかもしれません。ぜひ子どもたちと絵本の世界を楽しんでみて下さいね!

友だち追加
保育のお仕事